1. リハビリ型デイサービス レッツ倶楽部 戸田公園:HOME > 
  2. レッツ倶楽部 戸田公園からのお知らせ一覧 > 
  3. 下肢の運動をして「転ばない」体をつりましょう!

下肢の運動をして「転ばない」体をつりましょう!

2016.06.01

 こんにちは!レッツ倶楽部です!


 6月に入り、過ごしやすい気温の日が続くようになりました。半袖の人々が多くなり、晴れた日にはどこかに出かけたくなるような気候の近頃です。でも、お出掛けの際の転倒に注意しましょう。今日は転倒予防について考えたいと思います。


ウォーキング2.png


 「転倒予防する」という事、それは、「転ばない」体を作る事だと考えます。転ぶとは、「体のバランスを失って倒れる。ひっくりかえる」そんな意味合いがあります。そしてそれは、下肢全体の動きによって左右されることがわかります。


 下肢とは、たくさんの部位で構成されている「脚」の総称名で表現していますが、その役割の多くは、「立つ、歩く、支える」などの動きがあります。転倒予防に効果的な下肢の運動は、年齢や個々の体力、健康状態などに応じて無理なく行なう事が大切になってきます。


 みなさんは、寝たきりの状態を10日間ほどたいけんされたことがありますか?例えば入院して10日間、ベッドの上で生活した場合、そのあとの動きはじめはどうでしょう?また、下肢の骨折でギブスを数か月装着したとします。ギブスを外した後の下肢の状態はどのように変化しているかわかりますか?


 どちらも足の筋力、すなわち下肢の筋力が衰えています。10日間寝たきりの後に初めて歩くとき、下肢の力は入りにくくなっていて、若い方ですらふらつきます。そうです!動かさないと筋力は低下し弱まり、関節はぎこちなく動かしにくくなるのです。すると日常生活に支障が起き、さらに動かさなくなります。その結果が、転倒につながっていくと考えられます。


 ですから、この大切な下肢の運動を重点においた運動を取り入れていくことは人生の質を維持することに通じ、とても大切なことになっていきます。



 レッツ倶楽部戸田公園では、ストレスの掛からないトレーニングを安全安心に行うことができます。一緒に楽しく下肢の運動を始めませんか?


皆様のご利用 心よりお待ちいたしております。

レッツ倶楽部 戸田公園 職員一同


ajisaidai.jpg