1. リハビリ型デイサービス レッツ倶楽部 立会川:HOME > 
  2. レッツ倶楽部 立会川からのお知らせ一覧 > 
  3. 愛犬について 〜ドイツと日本〜

愛犬について 〜ドイツと日本〜

2013.05.07

こんにちは、相談員の井原です。


突然ですが、我が家には、「パグ」という品種の犬がいます。
よく「ブルドッグの赤ちゃん?」と聞かれるのですが、
顔がぺっちゃんこで、子豚のような雰囲気を醸し出しています。
早いもので今年で7歳。人間だと小学校に入学してしまいます。

さて、話は飛んで私の弟の話です。
弟は、現在ドイツのベルリンに留学中です。2回程、ベルリンへ会いに行ってきました。

ここで犬のお話と、ドイツのお話が繋がります。

ドイツは犬をはじめ家で買う動物に関する法律が大変厳しく、
手厚い保護を受けています。

例えば...

・犬の大きさに対して、ケージの最低面積が決められている
(狭い檻に閉じ込められないようにするため)
・お散歩の時のリードの長さが決められている
・外気温が21度を超える場合は車に放置してはならない
(熱中症を防ぐため)

すごいですね。当たり前なのですが、日本には全くない法律です。

また、公共交通機関に同乗することも合法ですし(鞄やケージもいりません。そのまま乗ります。)
レストランにも大体は入ることが出来ます。
電車で大型犬が隣に来てドキッとしたのは良い思い出です。

しつけ教室も徹底しており、街ですれ違うワンコは一様にマナーが良いです。
怖いくらい、マナーが良いこともありますが...

殺処分もゼロで、そのかわり、保護施設が充実しているそうです。

ドイツのように法を整備するのは大変なことかもしれませんが、
ペットブームが続く日本では、悲しい現状があるのは確かです。

ペットが、幸せに暮らしていけるよう、努めていきたいものです。