1. リハビリ型デイサービス レッツ倶楽部 慈愛:HOME > 
  2. レッツ倶楽部 慈愛からのお知らせ一覧 > 
  3. 熱中症対策

熱中症対策

2017.07.03

皆さんこんにちは。

レッツ俱楽部慈愛の上坂 匠です。
7月に入り早くも猛暑日となり最高気温も35℃と暑い日になりそうですね。
そんな中注意したいのは熱中症です。
自分は大丈夫思っている方や家の中にいることが多いから大丈夫と思っている方もいらっしゃると思いますが
家の中にいても熱中症にはなってしまう方も多いんです。
昨年ブログに熱中症の種類と対策を書かせていただきましたが今回紹介するのは熱中症や脱水症状になる
前のかくれ脱水について紹介させていただきます。

かくれ脱水とは?
脱水症は進行するまで、これといった症状が出にくいのが特徴。脱水症になりかけているのに、本人や周囲がそれに気がつかないため、有効な対策が取れていない状態を「かくれ脱水」と呼びます。

かくれ脱水」はいつでもどこでも起こります。なかでも注意したいのは、①屋内、②夜間、③運転中という3つのシチュエーションです。
脱水症の多くは実は屋内で起こります。ことにマンションのように気密性の高い集合住宅では、風通しが悪くなり、かいた汗が蒸発しにくく、体温が下がりにくいため熱中症のリスクが上がります。

対策としてはこまめな水分補修が必須になります。夜でも夜中にトイレに起きたくないからと言って水分を摂らずに寝てしまう人も多いみたいです。特にこの時期はコップ1杯でもいいので寝る前にも水分を摂ることをお勧めします。