1. リハビリ型デイサービス レッツ倶楽部 慈愛:HOME > 
  2. レッツ倶楽部 慈愛からのお知らせ一覧 > 
  3. 熱中症対策!

熱中症対策!

2015.05.25

みなさんこんにちは!

レッツ倶楽部慈愛の上坂 匠です。

最近気温も上がり夏に近づいてきておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

僕はいつもどおりフリーの時間はバスケットをしたりして身体を動かしています。

これからの時期少しずつ増えてくるのが熱中症にかかる人が増えてくると思います。正直僕は毎年罹っていると思います>_<
今日は熱中症の種類と対策をご紹介します。

熱中症の種類

:熱失神
皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳血流が減少して起こります。脈は速くて弱くなり、めまいや顔面蒼白になるのが主な症状です。

:熱痙攣(けいれん)

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分濃度が低下した時に、足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんで急に手や足のつりが出たり筋肉のけいれんが起こります。

:熱疲労

大量に汗をかき、水だけを補給が追いつかないと脱水症状になり嘔吐や頭痛などの症状が見られます。

:熱射病

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。意識障害応答が鈍い、言動がおかしい、意識がないなどの状態が見られます。



 熱中症の対策として

;こまめな水分補給
熱中症の対策として一番言われていることですがただ水分を補給すればいいという問題ではありません。ウーロン茶や緑茶などカフェインが含まれているものは利尿作用があるため注意が必要です。一番適しているのは水分と塩分を一緒に補給できるスポーツドリンクです。
最近では就寝中に熱中症に罹る方もいるので就寝前にコップ一杯の水を飲んでおくことも良いでしょう。

:毎日の健康状態のチェック
睡眠不足、体調不良、前日の飲酒、朝食の未摂取等は、熱中症の発症に影響を与えるおそれがあります。毎日の健康管理も、熱中症予防には大切なことです。

以上のことを気をつけて今年の夏は熱中症に注意しながらすごしましょう。