1. リハビリ型デイサービス レッツ倶楽部:HOME > 
  2. レッツ倶楽部からのお知らせ一覧 > 
  3. 【連載コラム】介護が変わる魔法の声かけ Vol.4 なぜか機嫌が悪いとき
  • レッツ倶楽部 FC加盟店募集 レッツ倶楽部のフランチャイズシステムをご紹介いたします。
  • 介護が変わる魔法の声かけ

【連載コラム】介護が変わる魔法の声かけ Vol.4 なぜか機嫌が悪いとき

2016.11.01

column.png col1.jpg なぜか機嫌が悪いとき

→ 理由を突きとめようとするより気分転換を




col2.jpg 
(機嫌が悪いから・・・と放っておく)




col3.jpg 
(気分転換してもらう)





ご利用者様のなかには、施設に来たくないのに連れてこられて、施設にいること自体が苛立ちの原因であることもあるようです。

そんなときは、一緒にお散歩に出て気分転換をするのもいいと思います。さらに、スタッフ以外の町の人と接すると、気持ちが切り替わることもあります。たとえば、スーパーに入って店員さんと会話をするチャンスをつくるのもいいでしょう。

いずれにしても、機嫌が悪い理由を突き止めるのではなく、気分転換してもらうほうがいいと思います。私たちもそういう時がありますが、ご本人にも機嫌の悪い理由は分からないこともあるのです。

ですから、もちろんご本人に「今日は機嫌が悪いね」などと言いません。ただ、スタッフ間で「××さんは今日ちょっと機嫌が悪い感じ」という情報は共有して、「気分転換に一緒に散歩でもしてこようか」「外のベンチに座ってお話をしてくるわ」という話し合いをします。

また、機嫌の悪さが体調不良のSOSと言うこともあります。この点は注意して対応することが大切です。



col4.jpg  
このコラムは、飛鳥新社「女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ」
北原佐和子(著)より文章を引用しております。コラムでご紹介している言葉以外にも、
お役立ちフレーズが満載の書籍となっておりますので、ぜひ、お買い求めください。

■飛鳥新社ホームページ
http://www.asukashinsha.co.jp/book/b186031.html




ic_002.jpg
<北原佐和子さんプロフィール>

高校在学中「ミス・ヤングジャンプ」に選ばれ芸能界入り。
80年代トップアイドルとして活躍した後、映画、ドラマ、舞台に活動の場を広げる。
2007年にホームヘルパー2級の資格を取得し介護の仕事をはじめ、現在も芸能活動を続けながら介護士として現場で働き続けている。
2014年、介護福祉士の資格を取得。また、ボランティア活動として学校等で「プレシャスライフ 心の朗読会」を行っている。
2015年、『女優が実践した介護が変わる魔法の声かけ』を出版。