事業の将来性


介護市場


更に大きな市場へと成長します!

財源確保の問題からくる報酬の削減や対象変更等、介護業界を巡る環境は変化してくと予測されます。

しかし、2025年には要介護人口716万人、市場規模は今の2倍である約20兆円、2025年には人口の約30.3%、約3人に1人が65歳以上の高齢者に増加する予測です。

事業スタイル


「機能訓練型」か「お預かり型」か?

今後、事業参入するのであれば、これまで主流だった三大介助(お食事・入浴・排せつ)の「1日お預かり型デイサービス」か、身体機能の維持改善・機能訓練の成果が明確な「リハビリ型デイサービス」の二択になります。

これは行政からも明確に推奨されている事実で、レッツ倶楽部では「リハビリ型デイサービス」での事業参入を推奨しております。


需要と供給


充足されていないサービスを狙う!

日本全国にデイサービスは、約43,000事業所が開設されています。そのうち約2,500事業所が「半日リハビリ特化型デイサービス」です。今後は、更に「元気でいたい」という強い思いを持った高齢者は増え続けます。
行政の調査によりますと、将来的に高齢者の体力維持と改善にさせる「半日型リハビリデイサービス」は、現状の10倍は必要との統計が出ています。


〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目3-8 五反田御幸ビル4階(→Map

TEL:03-5437-5021 FAX:03-5437-5079

この内容で送信します。よろしいですか?