アドバイザリーボード紹介


青木 正人


世界に例を見ない高齢化の急激な進展を見据えて2000年にスタートした介護保険制度。
福祉専門学校・高齢者福祉施設等の設立から運営を手がけるなど福祉関連事業の理論と現場を歩き見てきています。

介護福祉ビジネスの経営・人事労務・教育分野等のコンサルティングならびに自治体の福祉施策等のコンサルティングの経験を活かして、利用者の目線である介護事業をサポートしたいと考えています。

ほっとステーションのリハビリ特化型デイサービス「レッツ倶楽部」は、介護ビジネス全般から見るとまだマイナー分野にありますが、介護保険制度以降、特化型デイサービスは成長カテゴリーとして注目されると予想されます。

ウエルビー 代表取締役

医療と違い、介護は混合サービスが認められ、サービスの選択も利用者側に委ねられています。現在、医療機関、社会福祉法人、NPO法人、民間企業など異なる運営形態のサービス提供者が混在しており、このような状況は他産業では見られません。
ほっとステーションでは、自社サービスを「福祉」と「ビジネス」のバランスを取りつつ、「レッツ倶楽部」のように積極的に事業化を展開しています。

また、機能訓練型施設専用のQLC介護システムを開発し、予防介護データの収集、分析等を進めており、介護業界に大きく寄与する介護ビックデータとなる日は近いと考えます。

高田 治実


リハビリテーションでは、障害を受けた運動機能を改善するために運動療法を中心とした治療的アプローチが行われます。しかし、痛み、筋緊張異常、痺れおよび麻痺などの阻害因子(症状)があれば、運動療法の効果が著しく低下します。

阻害因子を改善し、運動療法の効果を高める理想的な運動療法の研究により、阻害因子を即時的かつ顕著に改善する治療的アプローチ(マイオチューニングアプローチ)を構築してきました。
上記のような治療方法を前提にして、リハビリ特化型デイサービスのレッツ倶楽部に対しては、オリジナル体操プログラム(高田式体操)の監修をさせていただいております。

今後、運動機能向上の運動プログラムを提供する中で、大学の調査、研究機能を活用し、リハビリの効果、効能を明確にすることが超高齢化社会へ貢献できる方法の一つと考えています。

帝京科学大学 医療科学部
東京理学療法学科 教授

矢野 秀典


2006年に介護保険新予防給付が導入され、介護予防を目的としたデイサービスが開始されています。利用者の現有する運動機能を維持向上させるためには、利用者ご自身がその運動の意義を理解した上で積極的に運動することが重要です。

私の専門分野は介護予防、健康増進であり、主に地域高齢者の健康増進に関して研究を続けています。「理学療法」、「作業療法」、「言語聴覚療法」の3分野において、包括的な支援力を持つリハビリテーションの高度専門家の養成を目指しています。

リハビリ特化型デイサービスのレッツ倶楽部に対しては、オリジナル体操プログラム(矢野式体操)の監修をさせていただいております。
大学機関の専門家としては、現場であるレッツ倶楽部の利用者の運動データを分析することで、将来に繋がる発展的な結果を生むことを期待しています。

目白大学 保健医療学部
理学療法学科 教授

今後は、多くの専門家との連携をはかることで自立支援、介護予防分野の特化型デイサービスの更なる発展に寄与したいと考えています。

〒141-0031 東京都品川区西五反田1丁目3-8 五反田御幸ビル4階(→Map

TEL:03-5437-5021 FAX:03-5437-5079

この内容で送信します。よろしいですか?